映画、本、NBA、金融……週休5日で働く元経済紙記者が気ままにつむぐ雑記ブログ

NBAで増える2世選手、有望なシャックやレブロンの息子たち

2世のスター選手、コービ・ブライアント、スティフィン・カリー

ここ数年、NBAの世界では2世選手の活躍が話題になってきました。

少し前では、LAレイカーズのコービ・ブライアント(父親はジョー・ブライアント)が2世選手のスーパースターとして脚光を浴びていましたが、近年の親子選手として注目を大きく集めているのは、何と言っても、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー(父親はデル・カリー)でしょう。同じく2世選手で3ポイントシュートの名手のクレイ・トンプソン(父親はジョー・トンプソン)とともに「スプラッシュ・ブラザーズ」と呼ばれ、2018ー19シーズンにウォリアーズをNBA3連覇を目指してチームを牽引しているのはよく知られた話です。

他にも、元祖キラークロスオーバードリブルの使い手として人気が高かったティム・ハーダウェイの息子であるティム・ハーダウェイJr(NYニックス)も、スター性を感じさせる選手として注目されています。

ただ、ハーダウェイJrの場合は、父親もけっこうなスター選手でしたが、あとの3人については、父親は優れたプレイヤーだった(トンプソンについてはよく知らない)ものの、スターとまでは言えなかったと思います。他にも、バリー親子、ウォルトン親子など、父親がスター選手だったものの、息子はバイプレイヤー(ブレント・バリーはいぶし銀の選手だったが)というケースもいくつかあります。

 

シャックの息子シャリーフ君、未来のスター候補? 心疾患からの回復が待たれる

親子2世代にわたってNBAのスターとなる選手は果たして出てくるのか、というところで現在、注目されているのが、シャキール・オニールの息子シャリーフ君です。208㎝だったかそれ以上だったかは覚えてませんが、上背がある(まだ伸びる余地もある)上にアウトサイドシュートなども打て、クイックネスもあるという、父親とは少しタイプが違いますが、オールラウンドなビッグマンとして活躍し、有望株として脚光を浴びてきました。

ただ、UCLAに進学し2018年シーズンを迎えるというときに、入学時の健康診断で心臓疾患が見つかったため、今シーズンは手術をした上で復帰と学業に専念することが決まっています。バスケットボールに復帰し、再び輝ける日が来るのかーー心配ですが、疾患を乗り越えて復活し、活躍してくれることを祈りたいと思います。今年から活躍できていれば、前評判通り1年目から大活躍中の脅威の1年生、デューク大のザイオン・ウィリアムソンと競うところも見れたのになぁとちょっと残念ではありますが、いずれ、2人の活躍をNBAで見ることができるかもしれません。(もちろん、ゴンザガ大の八村塁君も)


シャックの息子 シャリーフ・オニールのポテンシャルがヤバすぎ

レブロンの息子ブロニー君にも注目

もう一人、このシャリーフ君と親交があり、将来が期待されている2世選手として、レブロン・ジェームズの息子、ブロニー君も話題になっています。彼は確か今年、高校に進学する年齢だったと思います。少し気が早いようですが、父親が現役でNBAで活躍していることもり、彼の将来にも注目が集まっています。

 

さらに、番外編と言ったら失礼かもしれませんが、231㎝とNBA最高の身長の選手の一人としてかつて名を馳せたマヌート・ボルの息子、ボル・ボル君も注目されています。息子君もすでに身長が221㎝あり、ブロック王として知られた父親以上にシュート力もあり、将来が期待される一人と言われています。サイズ的にみても、NBA入りの可能性が高そうです。(父親は南スーダン出身の選手で、バスケットボール以外のチャリティ活動などにも注力した人で、すでに故人なのですが、興味深い逸話がたくさんある人です)

 


【レブロン】お父さん座って!目立ってるよ!息子より目立たないで!【ブロニー】

 

マイケル・ジョーダンの若手育成能力については・・・

2世選手といえば、マイケル・ジョーダンの息子たちもバスケットボール選手であることから注目されることもあるのですが、こちらはNBA入りの可能性がささやかれることはないようです。マイケル・ジョーダンを巡っては、有望若手選手の育成を巡っても、過去にいろいろな経緯があるのですが、その辺のトピックについて、いずれ書いてみたいなと思っています。